ポールマッカートニーの来日公演で、一番高く落札された地域はこちらです。NEWS速報

新譜のNEWというタイトルのCDの発売が決まり、
2013年10月14日 NEW

11年振りの来日公演も決まってしまいました(゚д゚)

2013年11月、待ち焦がれていた来日ツアーがついに開催されます。

ビートルズで、左利きクラッシック寄りの
ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家といえば、、、

ポール マッカートニーです。
現在71歳ですが、生きる伝説を生で見れる最後のチャンスかもしれません。

チケットを安い順に見てみると、
千円~落札されているのが、わかります。
安値で落札されているチケットは福岡公演が多いです。

ポールマッカートニー チケット 安い順
p 安い順0

アリーナを安い順に見てみると2万円台から落札されています。
p 安い順02

p 安い順03

一番高く落札されていたのが、
大阪公演のアリーナAブロック69万4901円のチケットでした。
p 高い順
ポール アリーナ A ヤフオク

ビートルズの中でも、
ジョージが民族音楽よりで、
ジョンが独創的な感性で、
リンゴのさりげない合わせ方が絶妙すぎるというのが
THE BEATLESの印象ですが、一番好きなのが、ポールでした。

クラッシク的なアプローチから作られた曲の数々は

クレジットにレノン&マッカートニーと書かれていても
この曲は、ポールの作曲とわかるほど
クラシックよりの整った曲が素敵でした。

なかでも、最近の個人的ヒットは
blackbirdブラックバードの作曲はバッハを応用して作られていた?でした。
バッハのブーレ、Bouree, BWV 996という曲を元に作られたそうです。

ポールのブラックバード談

ポールが作られた曲には数多くの逸話がありますね。

Let It Be レット・イット・ビー (和訳)

国民的ギタリスト山崎まさよしが、ポールとお会いしている動画がありました。
山崎まさよしが13歳の時始めて見たライブがポールマッカトニーで、あったことを、
ちょくでポールにお伝えしていますヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

しかも、ジョンレノンもあれはポールの名曲だった発言のあるAll My Lovingを
山崎まさよしアレンジでポールの目の前で弾いています。
そしてデュエットしていました。(終わったあとにF#のこと、指摘されてます。)

歌詞対訳つきのポールが作曲した曲の動画です。
All My Loving オール・マイ・ラヴィング (和訳)

Yesterday イエスタデイ (和訳)

Hey Jude ヘイ・ジュード (和訳)

ポール・マッカートニー/OUT THERE JAPAN TOUR 来日公演予定表

大阪.京セラドーム 2013.11月12日(火)
ポール 大阪 チケット ヤフオク
福岡ヤフオク!ドーム 2013.11月15日(金)
ポール 福岡 チケット ヤフオク
東京ドーム 2013.11月18日(月) 2013.11月19日(火) 2013.11月21日(木)
ポール 東京 チケット ヤフオク

ポールマッカートニー2013来日公演公式サイト